優良飼育者|猫にも肝臓病がある|飼い主の責任を果たそう

猫にも肝臓病がある|飼い主の責任を果たそう

ウーマン

優良飼育者

犬

ショップに子犬がいない

これからペットを飼いたいと考えている人も多いことと思われます。ペットを手に入れようと考えれば、誰でもペットショップで購入することを思いつきます。しかし、最近では、子犬や子猫を置いていない店もあります。店で子犬や子猫がいない理由は、優良な飼育環境を確保するためです。ペットを購入しようという客には、ブリーダーを紹介して、その人から犬や猫を購入する形になります。ペットショップでの展示販売は、動物に多大なストレスを与えるので、それを避ける意味で、ブリーダーの下での飼育とするのです。確かに、子犬や子猫は、ショップで購入するよりもブリーダーから有償頒布してもらった方が、トラブルが少ないと言います。特に柴犬など日本の犬はブリーダーから手に入れる方が、良い個体が手に入ります。

丈夫で健康な子犬

ペットショップよりもブリーダーからペットを手に入れる方が、良い個体が手に入るということが分かりました。柴犬などの純血種を入手しようというのであれば、飼育環境をしっかり把握しておくべきです。柴犬の純血種は幼少の頃には消化器系の病気に罹りやすいとされています。病弱な柴犬を親犬から離してペットショップで販売すれば、その後にも健康的なトラブルが起こります。そのようなことを防ぐためにも、ペットの展示販売は減りつつあるのです。ですから、健康でしっかり管理されたペットを購入するためには、優良なブリーダーを紹介してもらえる店を探すことです。飼育管理者が分かっていることで、購入後の問題にも対応してくれるのです。